(~´▽`)~

日々是精進

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の目がテン

カテゴリー : 目がテン
いよいよワールドカップも決勝戦!
寝ないで観るか、断念するか・・・悩ましいところ (´・ω・`)
ジダンに有終の美を飾って欲しい気もしますが、
生まれ変わったイタリアにも頑張って欲しい。
いずれにしても、最高のゲームをみせてもらいたいものです。

さて、今週の目がテンはスイレンの科学です。

この季節、池や沼で美しい花を咲かせるスイレン。
とは言え、その生態については殆ど知りませんでした。

■スイレンとは?■
水面に葉を浮かせる水生植物としては、スイレンとハスがありますが、
この2つはもともと種類が違うそうです。
スイレンはスイレン科、ハスはハス科だそうです(そのままヤンカ!)
スイレンは全ての葉が水面に浮かんでおり、その葉には切れ込みがあるそうです。
一方ハスは浮かんでいる葉と、水面より高い位置に出ている葉をもち、
浮いている葉には切れ込みがなく、まん丸の葉だそうです。
また根の形状も異なり、ハスはご存じレンコンですね (゚▽゚*)
スイレンはワサビのような地下茎をしているそうです。
こんなところにも種類の違いが現れています。

■寝る子は育つ■
スイレンは、昼間に咲いていた花が夜間には閉じてしまうそうです。
最初の開花から3日の間、開閉を繰り返し、4日目には水没してしまい、
二度と咲かないそうなのです ゜・(つД`)・゜・。
朝咲いて、夜閉じる。
この状態が、朝起きて、夜眠っているように見えるということで、
睡蓮という呼び名になったそうです。

■蜜がイパーイ■
咲いて1日目のスイレンの花の中には、柱頭液と呼ばれる蜜がたまっています。
ところが3日目の花では、柱頭液はすでに無くなってしまうのです。
この柱頭液には驚くべき役割が・・・(゚Д゚;)≡(;゚Д゚)
花粉を求めてやってきた蜂には他のスイレンの花粉が付着しています。
蜜を吸うと同時にその花粉がとれ、柱頭液の中に混ざります。
スイレンは柱頭液を吸収すると同時に、その花粉をめしべの奥深くに受粉させるのです。
3日目には代わりにおしべが花粉をつけ、他の花に供給する役割を果たすのです。
このようにして繁殖を繰り返し、スイレンは生き残ってきたんですねぇ~。

■葉隠れの術?■
スイレンの葉にある切れ込みにもちゃんと役割があるそうです。
水位が上がった際、切れ込みがあると簡単に水中に沈みますが、
切れ込みがないとなかなか沈まず、茎は引っ張られ根にダメージが起こるそうです。
刻々と変化する環境にも、柔軟に対応するような構造になってるんですねぇ。
しかし酸素を得るために水面に浮いている葉なのに、
水没しちゃうと生育に影響ありますよね・・・
ところがです。水没すると、短時間で葉柄と呼ばれる茎が伸び
再び水面に葉が現れるのです。すごい環境適応力!

また水流の関係などで葉が裏返ってしまった場合には、
およそ2時間で自分で葉を元に戻すそうです。
これは葉の表面にしか酸素を取り込む気孔がないためで、
スイレン生き延びのための処世術といったところでしょうか。

■浮かんだ葉に・・・■
世界最大級の葉をもつオオオニバス(スイレン科オオオニバス属)。
その直径は1.6m~2mにもなるそうで、葉の上に板などの台となるものをのせれば
子供はおろか成人女性でも水面に浮かぶことができるそうです。
番組の男性ディレクター(台と合わせて70kg)を乗せてみたところ、
余裕で浮いていました!!恐るべしスイレンの葉。
その後、番組のレギュラー出演者氏(こちらは103kg)も挑戦。
最初こそ浮いていましたが、さすがにこれは・・・
ここまでの荷重に耐えられるのは、葉自体の構造に秘密がありました。
葉の周囲がお椀状に反り返っていること。
葉の裏を一面に通る葉脈の内部がスポンジ状になっており、
空気を含んでいるのであんな重さを支えられるんですねぇ。

こんな大きな葉を持つ理由はなんなんでしょうか?
一つには、広い葉による光合成でより多くのエネルギーを作り出せるように。
もう一つは、広い葉により水面を覆い、他の植物の生育を妨げ、
結果的に種の生存を計るという憎たらしいほどのサバイバル戦術だったんです。
スイレン恐るべし・・・

ともすれば地味なイメージのあるスイレンですが、
なかなか興味深い生態を持っているんですね。
来週はキムチの科学だそうです。
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。