(~´▽`)~

日々是精進

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の目がテン

カテゴリー : 目がテン
(告知)明日から帰省するので、年内最後の更新となります(告知)

さてさて、なんとか年内にオンエアに追いついたかたちの目がテンです。
今週のテーマは・・・
サンタクローススペシャル<後編>
だそうです。

・・・とは言え!
またやってしまいました。ビデオの上書き・・・゜・(つД`)・゜・。
レポ書くか!! と勢い込んで再生したら、おじゃる丸が始まりやがりました _| ̄|○
残っているのは後半8分間のみ (゚Д゚;)≡(;゚Д゚)
ネットで探した「目がテン・インプレッション」とWikipediaをネタにして、
カシ版・目がテンをお送りさせていただきます。
なにとぞご容赦を! m(。_。)m
顔文字が多いのは焦りの現れですから大目に見てくだし。


■生命の樹■
クリスマスツリーと言えば「もみの木」ですね。
しかしこれは日本でのお話。本場ヨーロッパではドイツトウヒという木が主流だとか。
どちらも常緑樹が使われているのですが、それには立派な理由がありました。

それは、冬の間も緑を保つので「強い生命力の象徴」ということらしいです。
また、中世ヨーロッパでイヴに行われる降誕祭の舞台劇のなかで、
「アダムとイヴのリンゴの木」が出てくるのですが、リンゴは冬場に葉が落ちてしまうため、
その代用として常緑樹のもみの木が使われたそうです。
それ以来、ツリーにもみの木を使う地方も出始めたとか。

ツリーの先端には星が飾られますよね 
あれはキリストの降誕を知らせる印だそうです。
他にもイギリスなどでは、クリスマスエンジェルという天使を飾るんだとか。
お国によって違いがあるんですねぇ。


■北国サウナ■
サンタの国・フィンランドと言えば、そうサウナですね。
フィンランド式サウナとは、いわゆる乾式サウナのことで、
日本でもよく見られるサウナの方式です。
室温は80~100℃に達しますが、乾燥しているためやけどはしません。

フィンランド式の場合、焼いた石に水をかけ蒸気を発生させます。
その蒸気によって体感温度が上がり、発汗が促されるそうです。
また、白樺の葉で身体をたたきますが、これには筋肉のマッサージ効果や、
血行をよくする効果もあるそうです。

最後に火照った身体を冷水に浸すのも、フィンランド式の特徴だそうです。
これは全身の毛細血管を収縮させ、体表面からの熱の発散を防ぐ効果があるとか。
ただし、急激な血管の収縮により、心臓に過度の負担がかかるため気を付けましょう。



・・・と、実質2006年最後を飾るはずの目がテンレポートでしたが、
またまた失態をやらかしてしまったため、お粗末なレポートとなってしまいました。
まー、二度あることは三度っていうじゃな~い (〃▽〃)>

それよりも・・・2週にわたってサンタを特集したはいいけど、科学ポイントがどうも・・・
季節物に走ったか?所さん!!
ってなわけで、来週は2006年の総集編だそうです。
ということは、レポもお休みです c⌒っ.д.)っ
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。