(~´▽`)~

日々是精進

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の目がテン

カテゴリー : 目がテン
今週の目がテンはナスの科学でした。

焼いてよし、煮てよし、揚げてよし、炒めてよし・・・の万能野菜ですね。
私も大好きです。
もっともポピュラーな「長卵ナス」から、漬け物に使われる「小丸ナス」、
九州でナスと言えばこれ「長ナス」、熊本で生まれた新品種「肥後紫」、
見た目トマトやパプリカのような「観賞用ナス」まで様々な品種があるそうです。
さてそんなナスには、どんな科学が秘められているのでしょうか?


■このボケナスがぁっ!!■
使えねー野郎にかけて差し上げる美しいお言葉・・・ボケナス。
ところがこのボケナス、実際に存在するんだそうです!(笑)

ナスと言えば紫色。そう、皮の部分がきれいな紫色をしていますよね。
しかし本来の皮の色は、中身と同じく白かったのです。
なのに何故、あんなに紫色にならなければいけなかったのか・・・
その理由は紫外線にありました。
照りつける紫外線からナスの細胞を守るため、
実の中にあるブドウ糖がナスニンという紫色の物質に変化、
そして表皮に集まって紫外線から実を守るという仕組みだそうです。
まー、人間の日焼けと同じようなことなんでしょう。

ここで忘れちゃいけないボケナス。
成長の過程で自らの葉っぱの陰に隠れたりして、
きれいに紫色が発色しなかった実をボケナスと呼ぶそうです。
消費者からすると発色不良のナスは売れ行きが悪いそうで・・・

  色のぼけたナスは出来損ない
       ↓
  使えねー出来損ない野郎
       ↓
     ボケナス!!

・・・と、こういうことだそうです。
んあ?まだ分からねー?このボケナスが!!!(笑)
ナス農家の方々はボケナスを減らすために、苗をYの字に育て、
なるだけ多くの実に、太陽の光が当たるように育てているそうです。

■そのナス、傷物につき・・・■
スーパーの店頭でナスを探すと、5本一袋で128円で売られていました。
大変庶民的なお値段で主婦の皆さんも大助かり! (@^▽^@)
ところが・・・ナスのワゴンのちょいと下に「見切り品」のポップとともに
傷ついたナスが一袋58円で売られているではないですか!!!
やっぱり見た目が悪いと売れにくいんですね~ (゚Д゚;)≡(;゚Д゚)
巣鴨のベテラン主婦に聞いても、大多数の人が傷ナスを避ける傾向が。

 と こ ろ が !
なんと傷がついていても味に変わりは無いそうです。
 そ の う え !!
傷ナスの成分を解析すると、きれいなナスよりもポリフェノールが多いことが判明。
ポリフェノールは、抗酸化作用(動脈硬化や脳梗塞を防ぐ)や、
ホルモン促進作用などの効力があるため、注目を集めている栄養素の一つです。
赤ワインに多く含まれていることが話題になったりもしましたよね。

葉などがすれて出来た傷から雑菌が繁殖してしまうため、
ナス自らがこれに抵抗しようとポリフェノールを自製し修復しているそうです。
恐るべしナスパワー (`-´)b
安い上に抗酸化作用までゲットできる傷ナスを見逃す手はありませんね。
明日からは傷ナスを買わなきゃですよ!奥さん!!!!

■万能野菜・ナス■
ピリッと辛い麻婆ナス。おいしいですよね♪
でも、他の野菜を使った麻婆○○って聞いたことありませんよね。
ならば作っちゃおうということで、番組では以下のメニューにトライ。
 ・麻婆じゃがいも
 ・麻婆ニンジン
 ・麻婆かぼちゃ
もうね、聞いただけで結果が見えてきそうですが・・・(笑)
予想どおり麻婆のたれと野菜がケンカして、マズいそうです _| ̄|○

ナスの組織を科学の目で斬ってみますと、他の野菜とハッキリ違う点が判明。
(簡単に想像できそうですが)ナスはスポンジ上の組織をもっているため、
油やダシが染み込みやすい構造となっているそうです。
このため、麻婆ナスをはじめ煮物、揚げ物など、様々な料理に適している
ということです。

■嫁姑の戦い?■
秋ナスは嫁に食わすな・・・古来言われ続けている格言(?)ですが、
これはどういうことでしょう?
 ①秋ナスは味がよいから、嫁に食べさせるのはもったいない!
 ②秋ナスは種が少ないから、子宝に恵まれなくなってしまう!
 ③秋ナスは身体を冷やして毒だから

さーどれだと思いますか?
渡る世間は鬼ばかりだと①になっちゃうのでしょうが、本当のところは・・・

番組では3人のお嫁さんにご登場願い、体内と体表面の温度に注目することに・・・
まずはハムを食してもらいますと、カロリー摂取ということで体温は少し上昇。
では玉ねぎはどうでしょう?・・・ハムと同じく体温は少し上昇。
じゃーナスの油炒めはどうだ?・・・すると10分後少しですが体温が下降。
それだけではありません。お嫁さんの一人がトイレに行きたいとおっしゃいます。
もう一人も、そして残りの一人も・・・
そしてトイレから戻ってくると、もれなくどなたも体温が下がっていたのです。
1時間後には2℃前後も体温が下がってしまったとか!
これは一体・・・ ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

ナスにはカリウムが比較的多く含まれており、これが利尿作用を促し、
排尿により体内の熱が放出され、体温がさがる・・・ということだそうです。
つまり、美味しい秋ナスを食べ過ぎて大切なお嫁さんの身体が冷えないように、
という優しい気持ちが込められていたんですねぇ ゜・(つД`)・゜・。

焼きナスにおろし生姜が付いてることありますよね?
あれは身体を温める効果のある生姜を食べ合わせることにより、
冷えを防ぐという先達の教えだったんですね~ (*‘ ∀‘)b



今が旬のナスにも色んな科学ポイントがありました。
この秋はナスに十分感謝しつつ、美味しくいただきましょう(*´・ω)(ω・`*)ネー
来週はメタボリックに内臓脂肪の科学だそうです。
COMMENT
なす苦手(´・ω・`)
好き嫌いイクナイ m9(`-´)
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。